準中型免許について

平成29年3月12日(日)に道路交通法の一部が改正され、運転免許制度が変わります。
普通免許と中型免許の間に「準中型免許」という免許が新たに誕生。
これに伴い、法改正日と本免許学科試験合格日の関係をしっかり理解しておかなければ、法改正前に
同じ普通自動車教習カリキュラムを受けているにもかかわらず本免許学科試験合格日が法改正前後に
よって運転できる自動車の大きさが異なりますので注意しなければなりません。
これについて解説していきます。

法改正前後での運転できる自動車サイズの違い

免許種類 法改正前に免許を取得した場合
普通免許 18歳以上
【車両総重量】 5,000kg未満
【乗車定員】  10人以下
【最大積載量】 3,000kg未満
中型免許 20歳以上(運転経歴2年以上)
【車両総重量】 11,000kg未満
【乗車定員】  11人以上29人以下
【最大積載量】 6,500kg未満
※「中型車は8tに限る」と免許条件欄にある場合
H19.6.2の法改正前に普通自動車の免許を取得した者で以下の車両を運転可能
【車両総重量】 8,000kg未満
【乗車定員】  10人以下
【最大積載量】 5,000kg未満
大型免許 21歳以上(運転経歴3年以上)
【車両総重量】 11,000kg以上
【乗車定員】  30人以上
【最大積載量】 6,500kg以上
法改正後は以下のようになります。
免許種類 法改正後に免許を取得した場合
普通免許 18歳以上
【車両総重量】 3,500kg未満
【乗車定員】  10人以下
【最大積載量】 2,000kg未満
(新設)
準中型免許
18歳以上
【車両総重量】 7,500kg未満
【乗車定員】  10人以下
【最大積載量】 4,500kg未満
※法改正前に普通免許を取得した場合は、自動的に
「準中型車は5tに限る」(仮)の条件が付加され改正前の旧普通自動車が
そのまま運転可能。

(法改正前の普通自動車サイズ)
【車両総重量】 5,000kg未満
【乗車定員】  10人以下
【最大積載量】 3,000kg未満
中型免許 20歳以上(運転経歴2年以上)
【車両総重量】 11,000kg未満
【乗車定員】  29人以下
【最大積載量】 6,500kg未満
大型免許 21歳以上(運転経歴3年以上)
【車両総重量】 11,000kg以上
【乗車定員】  30人以上
【最大積載量】 6,500kg以上

法改正後の準中型免許に係る教習時限数

教習種別 所持免許 学科 実技
準中型免許

免許無し
原付免許

27H 41H
準中型免許 普通MT 1H 13H
準中型免許 普通AT 1H 17H
中型免許 準中型 なし 9H
大型免許 準中型 なし 23H
準中型免許
(限定解除)
準中型5t限定 なし 4H
準中型免許
(限定解除)
準中型5t限定AT なし 8H

法改正時期と卒業検定

当校の卒業検定は、毎週日曜日・火曜日・木曜日の週3回です。法改正は、H29.3.12でこの日は日曜日となります。

教習所の卒業検定に合格したのち運転免許試験場での学科試験を受験し交付日が
1)法改正前であれば交付される運転免許証は、改正後に「準中型5t限定免許」となる普通免許
2)法改正後であればサイズが縮小された新「普通免許」となります。

例えばこのようなケースが発生します。

友達同士で教習所に通い無事に普通自動車課程の卒業検定に合格したAさんとB君。
二人は、平成29年3月9日(木)の卒業検定に合格し翌10日(金)に運転免許試験場で本免許学科試験を受験。
ところが、Aさんは見事合格したのですがB君は残念ながら不合格となってしまいました。
Aさんは、3月9日(金)に無事「普通免許」を取得し最大積載量5t未満の自動車を運転することが出来ます。
一方、B君は翌週の3月13日(月)(道路交通法改正後)に再チャレンジし無事に合格できました。
免許交付された免許証を見ると「普通免許」でしたが法改正によってB君が運転できる自動車のサイズは、車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満です。
法改正と同時にAさんの免許は、既得権の保護により法改正前に運転できた車をそのまま運転可能なので
「準中型(5t限定)」(仮称)と名称が変更になると思われます。

全く同じ教習を受け卒業検定に合格したにもかかわらずAさんとB君は免許交付の日が法改正前後に分かれて
しまったため運転できる車両の大きさが異なることになるのです。

これは法律上の問題ですので法改正前に教習所を卒業しても免許の交付日での法律に従って免許証は交付されるので
公安委員会や自動車教習所に頼み込んでも聞き入れられることはないのです。これが法律の効力というものです。

教習所を既に卒業しまだ運転免許試験場に行っていない方はどうなるかを次に説明します。
お手元にある「卒業証明書」は、発行から1年間しか効力がありません。1年以上経過してしまうと
せっかく苦労して取得した「卒業証明書」がただの紙切れとなってしまうのです。
勿論、再発行はありません。
平成28年3月11日以降に発行された「卒業証明書」をお持ちの方は、法改正直前の学科試験に合格すれば
「準中型(5t限定)」を取得することができます。

参考までに
教習有効期限は、9カ月
教習有効期限とは、技能教習第2段階の総合運転(いわゆる「みきわめ」)が良好判定(A判定)
になるまでの期間をいいます。

今回の法改正では、準中型免許AT限定と準中型二種免許の設定はありません。

来年の法改正によるいわゆる駆け込み入所が全国の指定教習所で起こることが十分考えられます。
各教習所には受け入れ可能な枠がありますので法改正前に間に合うよう入校が出来なくなることも。
出来るだけ早く入校して頂きますようご検討下さい。

この件に関するご質問は、下記までお問い合わせ下さい。

法改正についてのチラシはこちら

お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-489-196

お気軽にお問い合わせください!

  • お問い合わせ
  • 入校仮申し込み
  • オープンキャンパス